ga('create', 'UA-76309926-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
ニュース

田鶴真大くん 優勝おめでとう THE46th KEIO SUNTORY SUMMER TENNIS TOURNAMENT (グレード4B) 12歳以下男子シングルス 

予選128ドロー、本戦16ドロー、グレード4B 【京王サマーテニストーナメント】第1シードの田鶴真大くん。1回戦から決勝までストレート勝ち、その頂点に立った。本当におめでとう!小学1年生からみてきたかずコーチの喜びはひとしおだった。

真大くんの日程は、とにかく過酷だった。

7/16(金)から千葉県白子町で関東大会、シングルス・ダブルス出場。7/17(土)シングルスは惜敗したが、ダブルスは1回戦勝利。7/19(月)ダブルス2回戦勝利・ベスト8。7/20(火)ダブルス準々決勝フルセットで勝利・ベスト4全国大会決定。7/21(水)ダブルス準決勝・惜しくも敗退。写真:なぜか試合後に賞状をもらったことを言わなかった。

  

試合終了17:00過ぎ、ここから京王サマートーナメントの会 場 【京王テニスクラブ】東京都調布市多摩川へ移動。夜、宿泊ホテルに到着。7/22(木)第1シードの真大くんは1回戦第一試合9:00開始、6-1 6-4で勝利。足利へ帰宅、リバーレッスンへ参加。7/23(金)9:00から2回戦6-1 6-2勝利ベスト4。足利へ帰宅、リバーレッスン参加。7/24(土)9:00から準決勝6-1 6-0で勝利。16:30からのリバーレッスンに参加、高校生3年生のお別れ会にも参加。7/25(日)9:00から決勝 6-2 6-3で見事優勝。午後からクラブ対抗戦に参加。

クラブ対抗戦では、この大会での優勝を父母の皆さん、リバーの仲間たちが大拍手で迎えた。東京のかずコーチも喜んだ。4-B大会の優勝はすごいです!

  

前日の高校生お別れ会、ずーっと後ろを見続けてきた大好きな柏﨑ひでくんや坂入もっくん、育成Aで打ち合ってくれた藤倉快くんや山崎大地くんとの最後の一打一打に思いをかみしめていた。

                写真:初めての関東大会では、ひでくんの試合をみた。赤い帽子が田鶴真大くん、その向かいの黄色いくつの子が川上拓真くん。